商品企画ーデザイン部門

  • 商品開発プロセス
  • 商品企画
  • 商品開発

多くのパチンコファンを楽しませるために、
常に新しい発想が要求されるパチンコ機。
YAMADAは独創的な企画と斬新なアイデアで
夢と感動を与える遊技機をデザインします。

全員が納得しないものは、お客様に提案しません。

「全員が納得しないものは、絶対にお客様に出さない」……これがYAMADAのポリシーです。
最初の企画段階でも、一人のデザイナーの力に頼るのではなく、みんなでアイデアを出し合ってより良いデザインに仕上げていきます。
そして、デザイン案がまとまった後に、社長も出席するデザインレビューを行い、そこでゴーサインが出て初めて、お客様に対するプレゼンテーションを行います。妥協をせず、全員が納得できるデザインだから、お客様に自信を持ってアピールできるのです。

若いデザイナーの斬新なアイデアに期待してください。

遊技機メーカー様の期待に応えるために、開発機能(企画・デザイン・設計)業務の強化に積極的に取り組んできました。本社および東京支社に20代〜30代前半を中心とするデザイナーを持ち、若さを武器とした新しい発想や斬新な企画の提案に力を入れています。優れたデザインの提案で、お客様に夢と感動を与えられる企業でありたいと考えています。

未来の遊技機を考える先行開発にも取り組んでいます。

また、先行開発を行う部門も設置しており、遊技機の未来の方向性を考えながら、当社オリジナルの提案ができる体制を整えています。今後は、当社から遊技機メーカー様に「今までにないもの」や「業界初の企画」、「新技術」「新素材」などを提案していきたいと考えています。

コストダウンの提案も行います。

例えば、レンズの形状を工夫することで、LEDの個数を減らしても従来の製品と変わらない明るさを実現するというように、意匠面の提案にとどまらず、コストダウンの提案にも積極的に取り組んでいます。