当社の特徴:役物が躍動し、LEDが点滅。期待感がMAXに達し、胸が高鳴る…。多くの人を楽しませているパチンコ・パチスロ。YAMADAは、そんな遊技機部品の総合メーカーです。斬新でインパクトのあるデザイン、新しい素材や新技術を投入し、遊技機メーカー様と一緒になって未来のヒット機種を生み出していきます。

【採用情報:電気設計】商品開発部 電気課 主任 田島正也■勤務地/本社、東京支社
主な仕事内容

− 動きや光を制御し、ワクワク感を演出する仕事です。

 役物を決められた通りに動かしたり、LEDランプを光らせるための電気制御を考えるのが、電気設計の仕事です。電気回路の設計だけにとどまらず、試作機がうまく動かない時に、「なぜ駆動部が動かないか」や「なぜLEDが光らないのか」の検証をして、問題点を解決したり、空いたスペースに基盤や電子部品、モーターやLEDが入るかどうかなど、電気に関わることはすべて電気設計の仕事です。

− まだ新しい部門だから、挑戦するチャンスも多い!

 遊技機業界では、遊技機メーカーから「この部品を使って欲しい」と指示をされるケースが多いのですが、部品の大きさや性能・コストを考えた時に、もっと適した製品が他にある場合もあります。そんな場合には、「この部品に変えた方がコストダウンできます」と提案するようにしています。
 当社は、「これがやりたい!」とアピールすれば、上司から「ダメ!」と即座に否定されるようなことはありません。制御の方法を変えることで役物がスムーズに稼働したり、コストダウンを図ることができます。しかも、電気制御はヤマダでは新しい部門ですから、まだまだ新しいことに挑戦するチャンスがいっぱいありますよ。

仕事のやりがい

− 電気設計をしなければ、動かない。だからやりがいも大きい。

 パチンコ機は基盤などの電子部品や、モーターなどの機構部品、LEDなどの照明部品で構成されており、どれも電気が無ければ動きません。それだけに、電気設計の役割は重要で、大きなやりがいを感じています。

求める人材像

− 電気の基本的な知識があれば大丈夫です。

 電気設計の仕事に限りませんが、一番大切なのは「やる気」です。やる気さえあれば、仕事に必要な知識・技術は入社後でも十分に身に付けることができます。ですから、電気に関する基本的な知識があって、パチンコや制御に興味があれば、大丈夫です。

勤務地

本社、東京支社