当社の特徴:役物が躍動し、LEDが点滅。期待感がMAXに達し、胸が高鳴る…。多くの人を楽しませているパチンコ・パチスロ。YAMADAは、そんな遊技機部品の総合メーカーです。斬新でインパクトのあるデザイン、新しい素材や新技術を投入し、遊技機メーカー様と一緒になって未来のヒット機種を生み出していきます。

【採用情報:営業】 営業部 副部長 加納 徹 勤務地/本社、東京支社
主な仕事内容

− 新しい技術・素材の提案を通して、お客様との信頼関係を深めていきます。

 遊技機メーカーを訪問しながら、新機種開発のタイミングに合わせて提案を行うのが営業の仕事。お客様から「こんな役物を作って欲しい」という依頼をされる場合もあれば、当社から、役物の新しい動きを提案したり、新しい素材を提案することもしばしばです。さらに、構造を変えて部品点数を減らしてコストダウンを提案するといった提案活動を通して、お客様との信頼関係を深めていきます。
 大きな契約になれば、10億円を超えます。そんな大きな契約をまとめ上げた時は、最高の気分です。

− 社内の各部門をコーディネートする司令塔です。

 お客様に提案が認められて、当社の役物の採用が決まった後は、デザイナーや設計者、生産技術といった社内の人たちとの打ち合わせが始まります。多くの人たちのモチベーションを高めて、お客様に満足していただける製品作りをコーディネートする司令塔の役割も、営業の大切な仕事です。
 このように、決められた物を売るのではなく、新しい製品をゼロから作り上げて、カタチにし、お客様に納入するまでのすべての工程に関われることが、ヤマダの営業の面白さです。

仕事のやりがい

− 社員が一丸となって、コンペに勝った時は最高の気分。

 一番嬉しいのは、コンペで勝った時。もちろん、自分一人の力ではなく、デザインや設計の人たちと何度も何度もミーティングを繰り返した成果が、競合に勝つ原動力となっています。その時に心がけているのは、お客様のことを一番知っているのは営業の私ですから、お客様の視点やパチンコファンの気持ちになって意見を言うこと。YAMADAの社員は、部署が違ってもみんな「いいものを作ろう!」という気持ちがありますから、熱い議論を戦わせながら、他社に負けないプランを生み出していきます。その喜びが、「次も頑張ろう!」という気持ちになります。

求める人材像

− 「商売」の好きな人に、ぜひ入社して欲しい。

 時には駆け引きも必要になります。また、大きな契約がまとまれば、充実感をたっぷり味わうことができます。それだけに、「商売」が好きな人が向いています。また、お客様はもちろん、社内の各部署の人たちと一緒に仕事を進めていきますから、コミュニケーション能力も必要です。相手の気持ちを理解して、かゆいところに手が届く人、そしていろんな情報を持っている人が、当社の営業に向いています。

勤務地

本社、東京支社