当社の特徴:役物が躍動し、LEDが点滅。期待感がMAXに達し、胸が高鳴る…。多くの人を楽しませているパチンコ・パチスロ。YAMADAは、そんな遊技機部品の総合メーカーです。斬新でインパクトのあるデザイン、新しい素材や新技術を投入し、遊技機メーカー様と一緒になって未来のヒット機種を生み出していきます。

【採用情報:経理】経理部 山本 博■勤務地/本社
主な仕事内容

●現預金の出納や資金調達、決算書の作成などを行います。

 社員が購入した物品や出張費などの精算、科目の仕分け、データ入力といった日常的な出納業務から、仕入れ先への支払い、取引先からの入金などに伴う仕事、会計帳簿の作成、現金や小切手・手形などの発行、月次・年次の決算書の作成、資金の調達・運用、予算編成といった「お金」に関わることは、すべて経理の仕事です。当社の売上高は約100億円に上りますが、この金額は全て、経理部門が集計することでなりたっているのです。

 どの部門がどれだけの経費を使っている、設備投資にいくら使っている、来期の予算はこれくらいになる……というように、経理で仕事をしていると数字の変化を通して、会社の動きがよくわかります。そこが経理の仕事の面白さと言えるでしょう。

●生産計画を見ながら、金融機関と交渉をしています。

 経理部門ではいろんな仕事をしていますが、私の仕事の中心は取引銀行との交渉です。最近は金融機関によって金利などの貸出条件や預入条件が異なりますから、当社にとって一番いい金融機関を選んで交渉していきます。当社の事業の中心であるパチンコ業界は、生産台数の計画が急に変わることが多いため、タイムリーに資金を調達することが重要になります。今後の見込みを考えながら、短期間で交渉がまとまった時には、大きな達成感を味わえます。

仕事のやりがい

●経理から情報を発信していけるようにしたい。

 現在は使った経費のチェックや決算書類の作成、売上げ・支払い予想に対応した資金の調達などが、経理の主な業務となっています。これからは、これを一歩進めて、会社のビジョンや戦略に合わせて、「この分野にこれだけの経費を投入しよう」といった経理の視点に立った提案ができるようにしていきたいと考えています。経理から情報を発信して、会社の経営戦略を支えていくことで、やりがいがさらに大きくなっていくはずです。

求める人材像

経済学部などで勉強をして、簿記の最低限の知識を持っていることが望ましいです。
また、今後は日常のルーチン業務だけにとどまらず、経理の観点から経営に対する提案をもっとできるようにしていきたいと考えていますので、いろんな部門に出かけていって、自分の目で現状を把握し、変化を素早く判断し、仕事に活かしていける人材に期待しています。

勤務地

本社